秋田市内在住者からの視点だす。1年が早いのでどっかに季節感を残しておきたかった。なのでココにカキこ。それと去年の夏が変だったのと、今年の冬が大雪で停電があったので、忘却録。ただ大雪と言っても平成18年豪雪に比べれば楽勝な感じだけど。

でもでも県境や山沿いの雪は、毎年すごいことになっている。なので平成18年豪雪は特にヤバかった。横手では自衛隊の災害派遣要請するほど。

北国の11月初旬様子、11月7日日曜午前10時、いい天気なんで記録にメモリーしておきたい。

木枯らし本番、冬一歩手前。ことしの秋の具合はいかに

今年の夏は猛暑とはいかないがそこそこ暑かった。と言っても平年並み。

雪国の夏は8月上旬からアチアチになってお盆過ピーク。そしてお盆過ぎるとガラッと季節が変わって涼しい風が吹いてくる。9月で30度越えの暑い日があったとしても、日影が涼しくて風も涼しくて。雪国の短い夏おわったなー。もうすぐ秋かぁー。

それが去年(令和2年/2020年)は9月過ぎてからエアコンつけないとヤバかったのよ。それまでエアコンいらなかった、なのに。

去年の夏は梅雨明けが遅くお盆まで寒かった気がする。ところが8月下旬、いや、9月に入ってからだ。秋田市内で9月なのに30度越えの日々が続く。9月に入ってから自宅エアコンつけた。こんな年は生まれて初めてだった。それからの大雪だったんで。

それで今年の冬はどうなる?

この頃季節とか何も気にしていなかったんで、買い物がてら外の様子をじっくり観察

DSC_0153

11月に入ったんだが、そんなにも寒さが厳しくない気がする。そう、11月にしてはなんだか温かい。これは暖冬の前触れじゃねーの、なんかそんな気がしてならない。 街並みの木々はほとんどが枯葉。先週金曜日に帰宅した時は外気まだちょっと温い、そんでもってコオロギ、小さい声ながら鳴いている。で土曜当たりからさらに寒い空気流れる。そんな中でも自宅近所にコスモス咲いてる。

さて今週1週間分の買い物せにゃいかん。午前10時過ぎ準備OK、外に出る。道には枯葉、そんな中だけがコスモス元気に咲いている。そしてその小さな花めがけて、ハナアブ?や小さな蝶々飛んでくる。

おお、赤とんぼ元気に飛んでいる。こっちに2匹日向ぼっこしている。毎年見慣れた秋の風景だけど、数分間じっくり見て観察してみた。

まあ今頃の外の様子っていったってこんなもんよ。早く買い物おわらせるよ。

追記

11月8日(月)PM7:00、会社終わり諸々買い物して実家に着いた。真っ暗。日中は結構日差しがあったが風が強かった。地面があったまらなかったんだろう。コオロギ、鳴いてない。確か先週の金曜、11月5日PM7:00には、事切れそうだったが一匹かな、コオロギ鳴いていた。

これで今年(令和3年、コロナ過バージョン)の虫たちの人生も終わりか。