MENU

大雪で役に立たない、心躍るお客様限定お得なキャンペーン

事務手数料、
端末代無料で乗換可能!
超高速通信
5G対応プラン新登場!
ーーーーーーーーーーーー
のメールが来てたの忘れてた

目次

5Gにして時代を先取り!のはずが、雪国名物痛勤ラッシュ突入

去年年末(令和3年/2021年)、今使ているWifi業者から5Gの新プランのメール来てた。それで年明けに給料振り込まれたら早速切り替えるつもりでいたんだが、それどころじゃねえ。すっかり忘れたよ。

というのも、年明け(令和4年/2022年)仕事はじめで会社にでるあたりから段々雪が凄くなって。それで成人の日あたりから結構な量積もって去年と同じくらいになって。そのまま月末までその調子で雪降って。結局去年より積もったわけだ。

何っすか、その痛勤ラッシュの「すれ違えない渋滞」って?

積雪の多い年に発生する交通状況。一晩に15センチ以上の積雪があると、道路に轍(わだち、車の車輪の溝)ができてしまう。そうなると四輪駆動の車でないとハンドルが取られて意図した操作でなくなる。そのため対向車とすれ違えない状態となり、その結果起こる渋滞。

原因その1、大雪で雪が積もってできた轍、つまり大雪

大雪で積もると車が通ったあとに轍ができる。もちろん雪の量が少なければ何の問題もない。ところがここ数年、年々一晩に降る量が多くなってきている。一晩に15センチ以上。不登校のエセ環境活動家グレタが、裏で中国に買収されながら学校行かないで「地球温暖化防止」を発狂して叫んでいるにもかかわらずだ。寒くなってるやないかい!

このとき都合よく自分の通勤経路に除雪車が入って除雪済ということはない。当然の事なのだが。そしてそして、日本の道路は総じて道幅が狭い。冬にこうなると致命傷になるわけだ。四輪駆動じゃないやつが不用意に轍以外の所に入ると、スタックを起こして動けなくなる。

仮に(夜間作業で)除雪車が入ったとしても、大通りと違ってトラックとか行きかうスペースは確保できない。なので簡単に雪を捨てられない。そこで一旦両端に雪を寄せるだけになる。そうなると場所によっては車1台通るのがやっとの道幅しかできなくなるところもある。

原因その2、この緊急時に何も役に立たないデッカイ高級車

こいつらが自分の車幅が分からなくて、よけたつもりで道をふさぐんだよ。しかも通勤時間帯にだ。サイテーだよ、立派なワゴン車、車体の大きいSUV車。

使えねーな、5Gにしてもこの雪なくなんねーだろ

色々愚痴ったけど、つまり会社に出社するためにとにかく朝早く出ないといけない。というか朝早く出るようにしている。最低でも夏場より15分早く出る。そうすると不思議とこういった輩と遭遇しない。

その為には朝自宅から出社する前には、車庫までと、場合によっては最寄りの幹線道路まで(約50m先)の雪よせ出来てないといけないわけだ。となると出社直前にこんな事できるわけがない! なので、帰宅した後と次の日朝4時とかに起きて、外の様子確認ながら雪かきするわけだな。

ということで、雪よせでヘロヘロ。5Gどころじゃねーよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる